トップページイワシの目(コラム) > 京阪プレミアムカーに乗車

京阪プレミアムカーに乗車

2017年8月20日、京阪電車で乗車券の他に料金が必要なプレミアムカーが運行開始しました。 さっそく、そのプレミアムカーに乗車してきました。

プレミアムカー乗車するため、まずは京橋駅へ。

[写真:京橋駅]

券売機の隣にプレミアムカー券の売り場ができています。 売り場上部には、空席状況が表示されているモニタがあります。 枚方市、樟葉、中書島、丹波橋、終点に分かれています。

[写真:プレミアムカー券の売り場] [写真:空席状況]

プレミアムカー券はレシートみたいな感熱紙です。 発駅、着駅、座席、列車番号が書いてます。 “特急1100号”というように、ちゃんと名称が付いているんですね。

[写真:プレミアムカー券]

乗車位置目標も、黄色の丸の乗車位置に「プレミアムカー」と書かれています。 京橋の場合は、フランクフルトを販売しているアンスリーのところになります。

[写真:乗車位置目標] [写真:乗車位置]

ホームのプレミアムカー乗り場にも、空席状況のモニタがあるのですが、「ホーム上では販売していません」と書かれています。 ホーム上で販売していないなら、空席状況がわかってもあまり意味ないような気がするのですが、不思議ですね。 定期券の場合は改札出られるからでしょうか。

[写真:ホームでの空席状況]

発車案内表示も、両数、扉数の表示場所に「一部指定」と表示されるようになっています。

[写真:発車案内]

ホーム上の時刻表。 プレミアムカーが別枠で整理されています。

[写真:時刻表]

プレミアムカーがやってきました。 赤い車体に金色の扉が、プレミアム感あります。 行先表示も他の車両と異なり「指定席」と表示されるものになっています。

[写真:プレミアムカー] [写真:行先表示]

初日ということもあって、満席でした。 2列+1列なので、ゆったりと座れます。

[写真:車内]

新幹線やJR在来線特急のようなテーブルもあります。 ひじ掛けにはコンセント。

[写真:テーブル]

車両扉付近には案内のモニタ。 といっても、京阪特急の扉付近にはもとからモニタがありましたので珍しいものでもないのですが、他の車両よりも大きめです。

[写真:モニタ]
取材日 2017年8月20日 、公開日 2017年8月20日
トップページイワシの目(コラム) > 京阪プレミアムカーに乗車
© 2017 , イワシ as H.Morimoto