トップページ駅レポート阪急千里線天神橋筋六丁目駅

天神橋筋六丁目駅

天神橋筋六丁目駅は大阪市北区にある駅で、阪急千里線、地下鉄堺筋線、地下鉄谷町線の駅です。 阪急千里線と堺筋線は当駅を境に相互乗り入れしています。 当駅は阪急京都線に直通する準急の停車駅で、堺筋線方面は当駅から各駅停車になります。

阪急線、堺筋線は島式ホーム1面2線の地下駅です。 当駅を境に阪急千里線と堺筋線にかわるのですが、ホームを見た感じは地下鉄の途中駅のような感じになっています。 当駅止まり、始発という電車も設定されています。

[写真:阪急、堺筋線駅名標] [写真:阪急、堺筋線ホーム]

LEDの発車案内もあります。 準急、普通と種別も表示されます。 阪急線は種別も多いので、種別が表示される案内は多く見られますが、ほとんどが各駅停車の地下鉄では珍しく思えます。

[写真:発車案内]

谷町線のホームも島式ホーム1面2線となっています。 当サイト駅レポートでは珍しい、地下鉄のみがやってくるホームの紹介です。

[写真:谷町線駅名標] [写真:谷町線ホーム]

堺筋線、阪急線と谷町線とは改札内の連絡通路があります。 堺筋線、阪急線ホームの北側、谷町線ホームの西側の階段を上ったところが連絡通路です。

[写真:乗り換え口]

改札口は3か所、北、南、東とあります。

乗り換え通路途中にあるのが北改札口で、この改札口が主要な出入り口のようです。 北改札口の券売機は、阪急、地下鉄それぞれ券売機があり、それぞれの運賃表もあります。 地下鉄っぽい建物に阪急の運賃表、と当駅でしか見られない光景です。

[写真:北改札口] [写真:北改札口の券売機]

阪急線、堺筋線ホームの南側には、南改札口があります。 南改札と北改札の間には、改札外地下通路はありません。

[写真:南改札口]

谷町線ホーム東側には、東改札口があります。 東改札は阪急線ホームに直接行けないため、券売機も地下鉄線のものしか設置されていません。 阪急ご利用の場合は、北改札口へお越し下さい。 改札外地下通路もそのまま北改札口までつながっています。

[写真:東改札口] [写真:東改札口の券売機]

地上への出入り口はいくつもありますが、いずれも地下鉄に多く見られる出入り口で、そこに阪急のマークもあるという感じになってます。

[写真:出入り口]

北改札口の真上あたりが、天神橋筋六丁目交差点になっており、天神橋筋と都島通りが交差します。 どちらの通り沿いにもビルが多く並んでいます。

[写真:天六交差点]

市バスのほか、当駅には朝晩だけですが阪神バスも乗り入れてきます。 阪神バスは阪神野田駅行きになっており、これは昔の阪神北大阪線という路面電車の名残だそうです。

[写真:市バス停留所] [写真:阪神バス停留所]

ここから日本一長いと言われる天神橋筋商店街がはじまります。 その商店街入り口横には、「大阪くらしの今昔館」が入っている、大阪市立住まい情報センターのビルがあります。

[写真:天神橋筋商店街] [写真:大阪くらしの今昔館]
取材日 2012年6月17日 、公開日 2013年2月2日
<< 天下茶屋方面: 扇町駅 | 北千里方面:>>
<< 大日方面 : 都島駅 | 八尾南方面 : 中崎町駅 >>
トップページ駅レポート阪急千里線天神橋筋六丁目駅