トップページ駅レポート阪神本線武庫川駅

武庫川駅

武庫川駅は、兵庫県尼崎市と西宮市のちょうど境目にある駅です。 阪神本線と武庫川線の連絡駅です。

本線は対向式ホーム2面2線の地上駅、というよりはホームはほとんど川の上で、「河川上駅」という方がしっくりくる駅です。

[写真:本線駅名標] [写真:本線ホーム]

武庫川線は島式ホーム1面2線の地上駅です。 2両編成の電車がぎりぎり止まれる長さです。

[写真:武庫川線駅名標] [写真:武庫川線ホーム]

元町方面行ホームの隣には、自由通路があり、歩行者や自転車が行きかっています。 反対側のホームから見ると、ホームが川の上にある珍しさ、ホームと同じ高さを自転車が走っている珍しさ、珍しいことだらけです。

[写真:元町方面ホーム]

梅田方面行ホームの東口改札には、3台の自動改札機があります。 ここは地上駅にはよくありそうな雰囲気です。

[写真:梅田方面行ホーム東改札駅舎] [写真:梅田方面行ホーム東改札]

元町方面行ホームの東改札にも同様に3台の自動改札機があります。 ここは、先ほど紹介したホームの隣の自由通路への入り口があり、そのためのスロープもあります。 駅構内と思える建物内に、自転車が入りこんできます。

[写真:元町方面行ホーム東改札駅舎] [写真:元町方面行ホーム東改札]

ホーム横の自由通路ですが、ここには屋根が無いようです。 すぐ横のフェンスの向こう側が川という位置です。

[写真:自由通路]

東口改札の前には、踏切があります。 この踏切は、梅田方面からやってきた場合、最初の踏切になります。

[写真:東口改札の前の踏切]

西口の駅舎付近ですが、橋の自由通路、本線をくぐる南北のトンネル自由通路、堤防の通路、本線ホームへの通路などが複雑に絡んでおり、立体パズルのようになっています。

[写真:西口駅舎]

西口改札を通ると、すぐ右側には武庫川線との連絡改札口があります。 改札左側が本線への階段となってます。複雑です。

[写真:西口改札] [写真:西口通路]

本線をくぐるように武庫川線の線路があり、昼間は使用されていない電車が留置されています。 さらにその奥には、線路側にフェンスがされている踏切があります。 この踏切は早朝深夜の武庫川線電車入出庫のときだけ開放されるそうです。

[写真:武庫川線と本線の連絡線路]
取材日 2007年7月1日 、公開日 2007年7月8日
<< 元町方面:| 梅田方面:>>
阪神武庫川線 武庫川団地方面:東鳴尾駅>>
トップページ駅レポート阪神本線武庫川駅