トップページ駅レポート学研都市線JR三山木駅

JR三山木駅

「JR三山木」は、以前は「上田辺」という駅名でした。 JR三山木駅は京田辺市にあります。 頭にJRが付くのは、先に近鉄が「三山木」とつけていたからです。

JR三山木駅は高架の島式ホーム1面2線で構成された駅で、朝晩にはこの駅で列車の行き違いもあります。 昼間の時間帯は上下線とも1番線のみを使用しています。

[写真:駅名標] [写真:ホーム]

高架の立派な駅ですが、無人駅です。簡易自動改札機が1台、券売機が1台、Jスルー処理機が1台という、シンプルな設備です。

[写真:駅入口] [写真:改札口]

駅のすぐ前にはバスターミナルと思える転回場がありますが、今は整備中のようで、バスやタクシーは出入りしていません。

[写真:整備中のバスターミナル]

駅すぐ近くに幹線道路があり、そこにバス停もありますが、停留所は「二又」といい、JR三山木駅の前という位置づけではないようです。。

[写真:二又バス停] [写真:交差点]

駅ホームからは、現在高架工事中の近鉄京都線三山木駅が見えます。 取材の時点では、京都方面行きホームだけが高架になっていました。

バスターミナルは、この近鉄駅の向こう側にありますが、駅整備計画が完了した時点で、JRと近鉄の間がバスターミナルとなり、機能的な駅になるようです。

[写真:近鉄三山木]
取材日 2005年4月24日 、公開日 2005年5月1日

その後、2012年に近鉄の三山木駅を訪問しました。 こちらの取材時点ではバスターミナルの運用が始まっていましたので、比較するとその違いがわかると思います。

<< 京橋方面: 同志社前駅 | 木津方面: 下狛駅 >>
近鉄京都線乗り換え 三山木駅
トップページ駅レポート学研都市線JR三山木駅
© 2005 , イワシ as H.Morimoto