トップページ駅レポート姫新線佐用駅

佐用駅

[路線案内図:佐用]

佐用駅は兵庫県佐用郡佐用町に位置し、智頭急行線との連絡駅でもあります。 また、姫新線の大半の列車がここで折り返し、姫新線の境界駅ともなっています(一部は上月で折り返しもある)

この駅の時刻表は「姫路方面」「津山方面」とすっぱり分かれています。 しかし、姫新線とは「姫路」と「新見」を結ぶ線なのですが、姫路からここ佐用に至るまで、一度も「新見」という地名は出てきていません。 まるで、「津山」が終点のように思えてきます。

[写真:駅名標] [写真:時刻表]

出入り口には、JRと同様の案内方法で智頭急行乗り場も書かれています。 実は、智頭急行専用の改札というのは無く、一つの改札で智頭急行とJRの乗降および乗り換えを扱っています。

[写真:JRの乗り場側からの智頭急行乗り場案内] [写真:入り口側からの智頭急行乗り場案内]

面白いことに、JRのホームには全く特急が来ないのに、智頭急行のホームには次から次へとJRの特急が停車します。 初めて来る人は、大阪、岡山、鳥取へ行く特急に乗るホームに戸惑うかもしれませんね。

さらに面白いことに、JRの駅名標は姫新線カラーのオレンジ帯なのに対し、智頭急行がJR西日本カラーの青帯をしています。

[写真:佐用に停車する特急いなば] [写真:駅名標と武蔵のアピール]

駅舎には、JRと智頭急行のロゴが並んでいます。 ホーム以外の設備(トイレや待合室など)は、JRと智頭急行のどちらの利用者も使用できるようになっています。

[写真:駅舎] [写真:JRと智頭急行のロゴ]

この駅の扉、ピッチリとしまっているときは、引っ張るのか押すのかかなり迷います。 しかし正解は横にスライドするタイプの扉なのです。

[写真:出入り口の扉]

駅前にあるポストは、昔ながらの筒状のものです。

[写真:佐用駅のポスト]

この駅のコンセプトは「あさぎりと星の都」だそうです。

[写真:「あさぎりと星の都」と書いてある立て札]

夜間は窓口が営業しておらず、無人駅となります。そのため、駅は昼間と違い静まり返ります。

[写真:夜の佐用駅構内] [写真:営業時間案内]
取材日 2003年3月15日、公開日 2003年3月31日
<< 姫路方面: | 新見方面: >>
トップページ駅レポート姫新線佐用駅
© 2012 , イワシ as H.Morimoto