トップページ駅レポート姫新線勝間田駅

勝間田駅

[路線案内図:勝間田]

岡山県勝田郡勝央町の中心となる駅なのですが、利用者の数の割に無人駅です。

この駅は佐用~津山間としては唯一、列車行き違いを行うことがあり、複線になっています。

利用者の大半が、勝間田高校の生徒のようです。

列車の行き違いが出来るように複線になっています。駅の構造は美作江見と同様に、上り姫路方面ゆきの2番線に母屋があります。

[写真:駅名標] [写真:列車の行き違い]

駅員が居ないため、駅構内の美化は駅利用者のボランティア精神のある方に任されていますが、現実はうまくいってない雰囲気です。

箇条書きの1番しか存在しないお願いは、いったい2番目になんと続けるつもりだったのかが気になります。

[写真:乗客ボランティア精神への訴え] [写真:乗客への駅を大切にする旨の訴え]

国鉄時代の資産管理札と思われるものが、待合室柱にあります。昭和11年、かなりの昔に感じてしまいますね…

[写真:待合室資産管理札]

この駅も駅舎は木造です。

[写真:駅舎外観]

勝間田駅前の交差点には、横からだと見えない信号機が設置されています。独特のデザインですね。

[写真:勝間田駅前交差点の信号機]

その交差点を渡ったところに、謎のロータリーがありますが、これはバス停でもタクシー乗り場でもありません。 しかも、そのロータリーに自動車が駐車されていますので、通り抜けできません。

[写真:交差点反対側のロータリー]

この駅にどうやら、白猫と黒猫が住み着いているようです。1時間半くらいこの駅周辺をうろついてましたが、ずっと居たみたいです。

[写真:勝間田駅に住み着く猫]
取材日 2003年5月4日、公開日 2003年5月5日
<< 姫路方面:| 新見方面:>>
トップページ駅レポート姫新線勝間田駅