トップページ駅レポート姫新線月田駅

月田駅

[路線案内図:月田]

月田駅は勝山町に位置し、周辺には多くの木材工場があります。

かつて、姫新線に急行列車が走っていた頃、大阪直通の急行でこの駅止まりというものがあったそうです。 しかし、月田発の急行というものはなく、さらには新見からやってきた急行も通過するという、わかりにくい運転形態していたそうです。

かつて急行停車駅だった頃は列車行き違い、待機ができるように複線になっていたようですが、現在ではそのホームの跡だけを残して単線となっています。

[写真:駅名標] [写真:ホーム全景]

駅車は比較的新しく立て替えられたようです。 勝山は木材の町だそうで、それに相応しい駅舎という感じです。

[写真:駅舎全景] [写真:駅車構内]

駅舎の中には、かつて月田に停車していた「急行みまさか」の写真が1枚飾られています。

[写真:急行みまさかの写真]

月田駅の周辺は木材工場が多くたっています。 そして、「木材の町 勝山」と書かれたものまで立っています。

[写真:駅近くの木材工場] [写真:国道沿いの標]

月田にはバス停が近くにあったのですが、時刻表がありません。 路線が廃止されてしまったのかもしれません。

[写真:中鉄バスのバス停]

姫新線の駅の順は、月田、中国勝山、久世、古見となります。 しかし、車道は中国勝山と久世の町を通らない山ルートがあり、その案内の標識があります。 このあたりは山が入り組んでいますので、姫新線はかなりクネクネとした路線になっているんですね。

[写真:道路交通標識]

一番近い踏み切りは、遮断機がなく、舗装もされていない小道です。 実はこの踏み切りが結構微妙にいい位置にありまして、駅舎から線路を挟んで反対側の人たちは、ここを渡るようです。

[写真:一番近いところにある駅]

そんなわけで、駅舎反対側には「改札口へお回り下さい」と書かれた看板があります。 つまり、先ほどの踏み切りを渡って、駅舎の方へ入るということですね。 (でも、改札業務はやっていないんですけどね…)

[写真:改札口へお回り下さいの看板]
取材日 2003年10月11日、公開日 2003年10月13日
<< 姫路方面:| 新見方面:>>
トップページ駅レポート姫新線月田駅