トップページ駅レポート姫新線新見駅

新見駅

[路線案内図:新見]

姫新線の西口となる新見駅は、岡山県新見市にあり、伯備線や芸備線の列車と連絡しています。 サンライズ出雲も含め、全ての特急列車が停車するため、伯備線のホームは比較的賑やかになります。

同じホームに姫新線と芸備線の列車が止まるため、終点の駅にもかかわらず、駅名標は両方向に駅名があります。

この駅の名所案内は、なぜか別の駅の方が近い名所まで案内されています。 (例えば、井倉洞は新見からバスより、伯備線井倉駅の方が近い)

[写真:駅名標] [写真:名所案内]

ホームは島式2面で、1番線から4番線の構成になっていますが、機関車の付け替えや方向転換のための線路もかなりあり、駅がかなり広く感じます。

[写真:駅全景]

2番線が姫新線のホームとなっており、津山、姫路方面と書かれています。 しかし、実際に姫路へ行くのであれば、岡山へ出た方が早いでしょう。

[写真:3、4番線の案内] [写真:1、2番線の案内]

新見駅を取材した時点では、岡山経由の姫路行き普通電車があったのですが、2003年10月1日のダイヤ改正で、姫路直通の普通は無くなってしまいました。 つまり、以前は「倉敷・岡山方面行き」のホームに姫路行きが止まっていたのですね。

ターミナルの駅ということで、有人改札があります。また、みどりの窓口もあります。

[写真:駅舎] [写真:駅改札]

駅のターミナルには、石像などがあります。結構いろいろ並んでいるような気がします。

[写真:大名行列?] [写真:石像]

新見市は、初めて電子投票を行ったらしく、そのことが書かれている看板も立っています。

[写真:初の電子投票の市と書かれた看板]

駅のすぐ近くに高梁川が流れています。 その川沿いの道路には、短大への案内看板もあります。 さらに反対方向には、大きな鉄塔も見えます。

[写真:短大の案内] [写真:高梁川] [写真:鉄塔]
取材日 2003年9月6日、公開日 2003年11月9日
<< 姫路方面:
トップページ駅レポート姫新線新見駅