トップページ駅レポート京阪本線・鴨東線野江駅

野江駅

野江駅は大阪市内にある駅です。 高架駅で、対向式ホーム2面2線と通過線の2線があります。

[写真:駅名標] [写真:ホーム]

ホームの壁には、木製の長いベンチがあります。 これは、関目駅、滝井駅、土居駅、西三荘駅などでも見られるベンチです。

[写真:ホームのベンチ]

建て増しによってホームにエレベータが設置されたので、壁、床、天井などの違う箇所があります。

[写真:エレベータ]

高架駅としてもかなり古いためか、階段の天井や梁が独特な形になっています。

[写真:ホームへの階段]

改札口は東側に一箇所だけです。二階建ての駅舎になっています。 横には歩行者専用の自由通路があります。

[写真:駅舎] [写真:改札口]

京橋から一駅ですが、周囲の雰囲気は商業エリアではなく、アパートやマンションが並ぶ住宅街という感じです。

[写真:改札周辺]

歩行者専用の自由通路によって、線路をくぐって駅の東西を行き来することができます。 また、柵で区切られて駅構内の通路が横に並んでいます。

[写真:自由通路]

改札口などはありませんが、西側にも駅舎らしき建物があります。 これはお手洗いとなっているようです。

[写真:西側駅舎]

西側もやはり住宅街の中といった感じです。

[写真:西側周辺]

駅から歩いてすぐのところに、城東貨物線があります。 これは将来旅客扱いの「大阪外環状線」になる予定で、新大阪と学研都市線の鴫野を結びます。

そのため、現在は単線の貨物線ですが、旅客線化時に使用される複線化スペースがあります。

[写真:城東貨物線] [写真:貨物線のスペース]
取材日 2006年1月9日 、公開日 2006年1月15日
<< 淀屋橋方面:京橋駅| 出町柳方面:関目駅>>
トップページ駅レポート京阪本線・鴨東線野江駅