トップページ旅行記きのくにシーサイド乗車記> 6.オープン前のUSJ前

6. オープン前のUSJ

旅行日:2001年3月11日
[図:乗車経路・西九条~京橋]

『11.関空特急はるか停車』

紀州路快速、 和歌山 → 西九条

西九条に到着。 夢咲き線列車を待つ。ちょっと冷え込む。 すると、夢咲き線側から環状線直通の普通列車がやってきた。当然逆方向なので、この車両には乗らない。

[写真:西九条駅名標] [写真:夢咲き線]

ふと、次発列車の案内を見る……「関空特急はるか!!」。

そう、今回のダイア改正で、西九条にも特急はるかが停車することになったのである。 しかも、偶然にも、一日一往復しかない草津行きだった……

[写真:関空特急はるか停車!!]

さらに夢咲き線側から列車が入線。今度は折り返しなので、これに乗車する。

桜島線(夢咲き線)、 西九条 → ユニバーサルシティ

夢咲き線は4種類のペイントされたシャトル列車と、環状線直通の橙103系が運転されている。 さて、列車に乗車。ユニバーサルシティを目指す。

[写真:夢咲き線列車]

『12.ユニバーサルシティ』

改札には女性駅員。やはりJR西日本は女性を積極的に起用しているようである。すばらしいことです。

はて・・・そういえば、ユニバーサルシティって、JRでは珍しいオールカタカナ駅。 これまでカタカナ駅といえば、“トマム”“ニセコ”“マキノ”の3駅だった。(私鉄にはもっとある) つまり、この駅って、4つめのカタカナ駅ということになるんだと、気づく。

後で気づいたのですが、徳島にオレンジタウン駅が先にありました。 さらに後から気づきましたが、「ハウステンボス」もありました。

[写真:ユニバーサルシティ駅名標]

ユニバーサルシティ駅を下車すると、そこは……日本とは思えない光景が…… アメリカの街を模してるのだろう。

[写真:ユニバーサルシティ] [写真:ユニバーサルシティ1] [写真:ユニバーサルシティ2] [写真:ユニバーサルシティ3] [写真:ユニバーサルシティ4] [写真:ユニバーサルシティ5]

環状線

桜島線大阪環状線・普通、 ユニバーサルシティ → 京橋

帰りの列車。さすがにユニバーサルシティからの乗車する人はほとんど居なかった。 桜島からのおっちゃんが一人だけだった。

そのおっちゃんも西九条で降り、ふと気づくと…車両に誰も乗ってない環状線車両に気づく。 野田・福島と誰も乗車して来ない。

大阪でようやく人が大量に乗ってきた。 ようやく、地元に帰ってきたような気がした。

[写真:人の気配の無い環状線列車]
<< 前:きのくにシーサイドで和歌山へ
トップページ旅行記きのくにシーサイド乗車記> 6.オープン前のUSJ前