トップページ旅行記日本最北・最東の駅と札幌へ> 5.急行はまなす乗車

5. 急行はまなす乗車

旅行日:2001年8月22日

急行はまなす・カーペットカー(青森 → 札幌)

自分のカーペット座席に着く。 階段際で、結構寝やすい雰囲気であったと思う。 当初の希望は2階席だったのだが、さすがに2階席は人気が高くて取れなかった。 カーペット席はそのまま“ごろ寝”できるのである。 寝台料金は不要である。これは座席指定車扱いなのである。安い、お得!

急行はまなす、 青森23:08 ⇒ 札幌6:18
(写真:カーペット9番席) (写真:カーペット9番席)

本州最後の停車駅“蟹田”。こんなところで下車する人なんていないだろう・・・と思ってたら、おじさんが一人下車。 どうやら、終電に乗り遅れたため、この急行の自由席で帰宅したようである。 まぁ、定期券で乗車できないとしても、青森で一泊するよりは楽と考えたら、お金をかけてでも急行で帰宅するだろう。

蟹田を出発して、途中“中小国”を通過する。 ここを通過するととうとうJR北海道の線になり、“津軽今別”を通過後、青函トンネルに入る。 青函トンネルには0:01頃入り、デッキ内に立っていたら、その轟音で耳が痛くなった。

長い……青函トンネルは非常に長いのである。 竜飛海底駅通過するまでにいったいどれくらい時間がかかったのか……それとも通過したのか……

青函トンネルを出たら、本州にいる友達や、バイトの店長にメールで連絡しようと思ったが、トンネルがあまりに長いため、床に着き、気づいた頃には「東室蘭~、東室蘭です。」と放送が入る。 気づかぬ内に、函館も停車し、ここまで進んでいたのである。 おかげで、熟睡はできたが、北海道に着いたというあまり大きく感動は得られなかった。

再度睡眠を取り、次に目覚めたときには、千歳だった。 下車する準備をし、札幌到着に備えた。

(写真:札幌)
<< 前:青森に到着| 次:札幌から旭川へ>>
トップページ旅行記日本最北・最東の駅と札幌へ> 5.急行はまなす乗車