トップページ旅行記尾道・しまなみ海道の旅> 1.普通電車乗り継いで尾道へ

1. 普通電車乗り継いで尾道へ

朝早くから眠い(香里園 → 京橋)

香里園の駅に早朝5:20頃到着。5:24発淀屋橋行き準急を待つ。 朝も早く、まだ日も上がっていないため、周辺は暗い。 しかし、駅には結構人がいた。

とりあえず眠い!!

目をこすっていたら、睡眠不足の僕を迎えに電車がやってきた。

京阪・準急、 香里園5:24 → 京橋5:38
[写真:香里園にて、京阪9000系]

そういえば、朝食がまだだったので、京橋の駅構内コンビニで食事を調達しようかと考えていた。 京橋に到着してみたら、コンビニの営業時間は6:00からだった……

とりあえず、腹が空いた!!

仕方が無いので、そのまま尼崎(兵庫県)に出る。

JR東西線・塚口行き普通、 京橋5:48 → 尼崎6:05
[写真:京橋にて、塚口行き普通]

地下を抜けたら、日が昇っていた(京橋 → 尼崎 →→ 尾道)

京橋を出た普通電車は、JR東西線という地下線を走り、“尼崎”の手前で地上に戻る。 地上に戻ったら、辺りは朝日で明るくなっていた。

地上に出て直後の鉄橋では、川が朝日で輝いてきれいだった。 列車は鉄橋を渡り、ほどなく尼崎のホームへと入る。

[写真:尼崎]

朝食を調達するために、尼崎で一度改札を出る。 何度見ても、尼崎駅は近代的な駅構造だ!数年前は快速も通過する駅だったのだが、今では交通の要所として、全ての新快速や一部の特急も停車する。 JR東西線開通後の尼崎は、なんだかすごい元気である。

[写真:尼崎駅]

ホームに戻り、連れのM川、M井と合流。 姫路までは快速、姫路から尾道までは三原行き普通。

JR神戸線・新快速、 尼崎6:26 → 姫路7:53

よく考えたら、乗換えはたった一回だけである。 そして、尾道までほとんど快適なシートの列車だった。JR西日本乗り放題は精神的には楽かも!

山陽本線・三原行き普通、 姫路7:59 → 尾道10:43

途中、倉敷~福山の間の笠岡駅で、快速サンライナーと普通電車は連絡する。 とりあえず、乗換えずにそのまま尾道へ向かう。

[写真:笠岡駅で並ぶサンライナーと普通]
<< 前:旅行記もくじ| 次:しまなみ海道サイクリング>>
トップページ旅行記尾道・しまなみ海道の旅> 1.普通電車乗り継いで尾道へ