トップページ旅行記尾道・しまなみ海道の旅> 3.高槻への帰路

3. 高槻への帰路

因島に到着(因島大橋・因島 → 生口橋・生口島)

そして、少々長いめの坂を昇り、因島大橋までやって来た。 大橋は、対岸が見えない………さすがに1キロもある橋は長いようだ。 それにしても、フェンスの向こうが海なんだから、かなり爽快である(^^;;

自転車、 向島→(因島大橋)→因島(大橋通行料50円)

ようやく渡り終え、緩やかな坂を下っていく。 坂を下ると、なぜか恐竜の作り物が……因島っていったい?

[写真:因島大橋] [写真:因島大橋] [写真:因島大橋西詰] [写真:恐竜?]

とりあえず、もう一つ橋を渡るかどうか迷ったが、時間に余裕がありそうなので、渡ることにした。

自転車、 因島半周

因島島内をしばらく自転車こぎ、島の半分くらいを回ったあたりで、次の大橋が見えてきた。 さっそく緩やかな坂を昇ってみると……歩道が高速道路真横にある!!

自転車、 因島 →(生口大橋)→ 生口島

フェンスの向こうで、時速70キロ以上は出しているであろう自動車が、ビュンビュン追い抜いていく。

[写真:生口大橋]

さて、疲れてきたので、生口島のフェリーのりば待合室で少し休んだ後、元来た道を帰っていく。

自転車、生口島 → 因島 → 向島
福本渡船、向島 → 尾道福本渡船桟橋

寝過ごす!!(尾道→岡山→播州赤穂)

尾道駅でおみやげの“もみじまんじゅう”を買ったあと、岡山行きの普通に乗る。

山陽本線・普通、 尾道16:44 → 岡山18:02

高校生が多くて、少々列車は騒がしかったが、その騒がしさにも勝る疲れが出てくる。

時刻表で列車の確認をすると、岡山ですぐに姫路行き乗換えのようだ。 しかし、倉敷を通過するあたりで、疲れがピークに……熟睡ZZZzzz...

目が覚めた頃には岡山の文字が目に飛び込んでくる。 あわててホームに降りるも時すでに遅し、姫路行き普通列車はすでに発車していた!(TT)

次の列車は随分あとなので、仕方ないのでルート変更。 播州赤穂に寄ることにする。 だけど、時刻表見てみたら、次の播州赤穂行きは、尾道から乗ることができたのである。

普通電車が入線して唖然とする。

混んでいる。とても座れそうにない。あぁ、眠いのに座れない…つらいっす

赤穂線・普通、 岡山18:15 → 播州赤穂19:27
[写真:播州赤穂行き普通]

(播州赤穂→高槻)

播州赤穂駅が、リニューアルされていたのに驚いた。 以前は、田舎の駅って雰囲気だが、現在は近代的な橋上駅舎となっていた。

新快速米原行き、ファミマでライスバーガーを買って持ち込む。

新快速、 播州赤穂19:57 → 高槻21:56
[写真:播州赤穂] [写真:高槻]

そして、本日JR最後の駅となる高槻に到着。 さすがに疲れもたまり、高槻駅をうろつく気力も無く、まっすぐ帰る。

京阪バス、 JR高槻 → 枚方市駅
京阪、 枚方市 → 香里園
<< 前:しまなみ海道サイクリング
トップページ旅行記尾道・しまなみ海道の旅> 3.高槻への帰路