トップページ旅行記関西本線 月ヶ瀬口、大河原、笠置へ> 5.大河原へ到着

5. 大河原へ到着

旅行日:2002年6月1日

ようやく駅に到着、しかし…

すでに時刻にして13時30分。2時間も結局歩いたことになる。 道を歩いていると、バス停を見つけたが、今度は奈良交通バス。 一駅で、三重交通から奈良交通になっているのはいいが、ここは京都府である。

そして、やはり、関西本線電化推進連盟の看板がある。

[写真:奈良交通の北大河原バス停] [写真:関西本線電化推進連盟]

大河原駅の窓口で乗車券を購入。 たった一駅なのに、出てきた切符は“みどりの窓口で渡される大きいきっぷ”だった。 券売機は無い……

ホームに出る。やたらと虫が飛んでいる。関西本線独特の長い長いホームである。

駅舎(といっても、それほど大きくないけど)の無線から聞こえる。

ただいま車両故障による点検のため、月ヶ瀬口で10分ほど停車。遅れが出ています

駅員さんが、丁寧に、乗客(5名)に「月ヶ瀬口で、なんか列車トラブルで遅れておるみたいですわ」と伝える。 約10分遅れで列車が来る。

[写真:遅れてきた列車] [写真:大河原駅ホーム]
関西本線、大河原 → 笠置

運転士が、運転中に携帯電話で話す。おいおいと思ったら…

前照灯も点かんし、放送も流れないんですわ。 おそらく電気系統の故障やと思うんですけど、このまま走ってよろしいんですね?

う~ん、携帯で連絡取るとは、何と言う大胆。無線とか無いのだろうか。

しかし、大した混乱もなく、笠置に到着。もしかして、この辺じゃ当たり前の光景なのかな?

[写真:笠置に無事到着した故障車]
<< 前:遭難?迷子?大河原へ| 次:笠置、加茂へ>>
トップページ旅行記関西本線 月ヶ瀬口、大河原、笠置へ> 5.大河原へ到着