トップページ旅行記大阪地下鉄、終点駅巡り> 2.長田、生駒

2. 長田、生駒

旅行日:2002年6月15日

中央線:長田

長堀鶴見緑地線、 鶴見緑地 → 森ノ宮
中央線、 森ノ宮 → 長田

中央線に乗り換え、電車は緑橋、深江橋、高井田と停車していく。

車両は、近鉄のものらしく、大阪市営地下鉄であるにも関わらず、名古屋までの路線図が車内に掲載されている。 駅間は地下鉄らしくないくらいに広がる。長田まで地下を走る。

[写真:森ノ宮に停車中の電車]

中央線の終点、長田駅にて下車。

長田駅周辺は住宅や工場が見える。 しかし駅が地下にあるからか、私鉄の駅前のような賑やかさは存在しない。 かわりに、高速道路のジャンクションが、複雑に絡んでいるのが目立っている。

[写真:東大阪ジャンクション]

長田から、地下鉄中央線は近鉄電車に乗り入れる。 つまり、長田は近鉄の駅でもあるが、駅の雰囲気地下鉄駅そのものだった。

近鉄電車の駅であることをアピールするものは、近鉄電車用券売機と、名古屋まで書かれた運賃表だった。 近鉄といえば名阪連絡をする私鉄であるが、この駅にそんな雰囲気はなかった。

[写真:長田駅の運賃表と券売機] [写真:長田駅構内] [写真:長田駅に到着する生駒行き電車]

近鉄東大阪線:生駒

近鉄東大阪線、 長田 → 生駒

長田を出た電車は、地下か地上かはっきりしないようなところをしばらく走る。 次の荒本駅を出ると、大きく上向きの勾配に差し掛かり、高架となる。

吉田、新石切と停車すると、地下鉄の車両にも関わらずトンネルに入る。 長い生駒山を抜けるトンネルである。

近鉄東大阪線の終点、生駒駅に到着する。

近鉄奈良線、生駒線と並んでいるホームの中、架線(電車が電気を取るための電線)が存在しない地下鉄線が妙な雰囲気である。 改札を出ると、比較的開けた駅前となっている。

歩いてすぐの所に、“生駒山頂遊園地”へ行くためのケーブルカーの駅がある。 本当はケーブルカーに乗ってもよかったが、行く予定の場所が多いため、残念ながらすぐに去ることにした。

[写真:生駒駅周辺] [写真:山頂方面行きケーブルカー] [写真:近鉄奈良線]
<< 前:門真南、鶴見緑地| 次:南巽、八尾南>>
トップページ旅行記大阪地下鉄、終点駅巡り> 2.長田、生駒