トップページ旅行記再びきのくにシーサイド号にて> 2.きのくにシーサイド号にて

2.きのくにシーサイド号にて

旅行日:2002年7月27日

現在のきのくにシーサイド号

きのくにシーサイド号 天王寺8:15→紀伊田辺11:21

以前に比べると、やけに和歌山をアピールしていることの気付く。和歌山と書かれたのれんが、展望車によく目立つ。 その横に、和歌山観光案内のパンフレットなどが置かれていた。 さらに、車内では、和歌山観光案内のビデオが放映されていた。

[写真:きのくにシーサイド展望車の中] [写真:きのくにシーサイドからの眺め] [写真:きのくにシーサイドから海を臨む]

しばらく乗車して、たいへんなことに気付く。
デジタルカメラの替えの単3乾電池忘れた!
見事に和歌山到着までバッテリーはもたず、あわてて和歌山駅売店で購入する。

箕面在住のS井一家

僕の指定席向かいと隣は、大だんな夫婦、せがれ夫婦、孫という3代連れが座っていた。 箕面に住む一家らしく、大だんなさんと紀伊田辺まで旅について語っていた

和歌山を過ぎ、紀州路観光キャンペーンスタッフキャンペーンレディの人たちが登場する。 車内は、じゃんけんイベントに始まり、車内でのポラロイド写真撮影など。

ここで知り合ったのも何かの縁…ということで、僕は、S井さんの大だんな夫婦と一緒に写真を取ってもらうことにした。

[写真:展望車にて、S井さん大だんな夫婦とキャンペーンレディと一緒に]

紀伊田辺に到着し、僕はS井一家とお別れして下車する。

[写真:紀伊田辺を出るきのくにシーサイド号]
<< 前:天王寺にて| 次:紀伊田辺>>
トップページ旅行記再びきのくにシーサイド号にて> 2.きのくにシーサイド号にて