トップページ旅行記再びきのくにシーサイド号にて> 6.紀勢本線東半分

6.紀勢本線東半分

旅行日:2002年7月27日

夏祭りモード、紀伊長島

紀勢本線普通 新宮15:06→多気18:44

途中の紀伊長島駅で、地元の小学生手作りちょうちんが並んでいた。 お祭りが近くであるのか、浴衣姿の女の子たちが何人も下車していった。

[写真:紀伊長島駅の手作りちょうちん]

快速みえ

すっかり(またも)眠りに入ってしまい、気付いた頃には多気に到着寸前だった。

ここで、快速みえに乗り換え、津を目指す。津で夕食を調達した後、元の亀山行き普通に乗るためだ。

[写真:多気に入線する快速みえ]
快速みえ24号 多気19:01→津19:25

同じ気動車なのに、とにかく速い。 さくさくと駅を通過し、松阪にはあっという間に到着。さらに早々と津を目指す。

松阪を出ると、車掌の注意アナウンスが。
この車両は、津から、第3セクターの伊勢鉄道を走ります。 青春18きっぷ、土日フリーパスなどの企画乗車券には伊勢鉄道利用料は含まれていません。 津より先にこの列車をご乗車の方は、車掌が今から伺いますので、乗車券をお求め下さい
と放送された。

に到着する。

JR東海では、駅の放送は「名古屋ー、名古屋ー、名古屋です。」と3回繰り返す。 で、同じようにここでも「津ー、津ー、津です。」と3回繰り返した。 なんだか「ツーツーツー」って、電話が通じないときみたいである。

そして、駅名標がまた面白い。ひらがなで大きくと一文字書かれている。

[写真:津駅名標]
<< 前:新宮| 次:夜の関西本線、草津線>>
トップページ旅行記再びきのくにシーサイド号にて> 6.紀勢本線東半分