トップページ旅行記大阪府唯一の村、千早赤阪へ(金剛山)> 2.千早へ

2.千早へ

旅行日:2002年8月16日

セカンドギアで登るバス

河内長野からバスに乗車する

南海バス 河内長野駅→千早大橋

駅を出たバスは、細い道を抜け、しばらくすると山道に入る。 明らかにスピードの出ないバスは、途中何度か乗用車を退避していた。 セカンドギアで、力強くバスは山をのぼっていく。

[写真:金剛山ロープウェイ前行き] [写真:バスからの車窓]

大阪府唯一の村に到着

バスは、山道を抜ける国道を途中左折し、トンネルを抜ける。 トンネルを抜けた先からは千早赤阪村になる。 その一番最初のバス停、千早大橋でバスを下車した。

ボロボロになった待合所、いつ持ち主が戻るか分からない自動車、片側しかないバス停、周囲は山を登る道…。 果たして、このバス停利用者はいるのだろうか?

[写真:バスは終点を目指し走る] [写真:千早大橋バス停]
<< 前:河内長野へ| 次:金剛山登山口を目指す>>
トップページ旅行記大阪府唯一の村、千早赤阪へ(金剛山)> 2.千早へ