トップページ旅行記木次線とムーンライト八重垣乗車記> 3.芸備線 備後落合へ

3.芸備線 備後落合へ

旅行日:2002年8月18日

備後落合を目指す

芸備線の普通列車に乗り込む。 最初はパラパラと地元高校生などが乗車していたが、途中から徐々に下車。 最後は、いかにも旅人と思われる人だけが残った。

山に差し掛かり、列車は力強くゆっくりと坂を登り始める。 そして、ものすごい遅さで途中走る。 よく見ると、制限速度15キロの表示が! 電車でGo!をプレイしている人ならわかると思いますが、15キロというのは滅多にありません。 これなら原付の方がはるかに速いですね。

[写真:芸備線からの眺め]

備後落合

長い山の中に続く線路を抜け、列車は備後落合駅に到着。

[写真:備後落合駅名標] [写真:芸備線と木次線の車両] [写真:山を越え、ひと時の休みを得る車両]

乗り継ぐ列車まで20分少々あるので、駅舎に入る。 芸備線と木次線との乗り換え駅であり、ほぼ全ての列車がワンマンであるのに、この駅は無人である。 駅の中には、駅ノートが設置されていた。僕も当然記念に書き込みをする。

[写真:備後落合、駅ノート]

駅ノートの横にある掲示板には、乗車記念なのか、あちこちの地域のきっぷが貼り付けられていた。 以下にそのきっぷに書かれていた区間を紹介します。

[写真:備後落合、掲示板に貼られたきっぷ]

芸備線の列車と木次線の列車がまとめて書かれた時刻表も構内にあった。 新見で見たとき、芸備線の列車の少なさに、かなり印象が強く残ったが、さらに少ない芸備線の時刻欄。 1日に4往復しかないようです。

[写真:備後落合、駅時刻表]
<< 前:備中高梁、新見へ| 次:木次線 出雲横田へ>>
トップページ旅行記木次線とムーンライト八重垣乗車記> 3.芸備線 備後落合へ