トップページ旅行記木次線とムーンライト八重垣乗車記> 6.松江から出雲市へ

6.松江から出雲市へ

旅行日:2002年8月18日

松江

松江に到着。松江訪問は予定に全くなかったのだが、車移動のおかげで、2時間以上の余裕が出来た。 駅周辺を散策していると、どこかで見覚えのあるそっくりなものが… どうみても、その形はかに道楽のカニである。 しかも、店の名前が博多ってなっているんだから恐れ入る。

さらに街を歩いていると、普段みかけない、横向きになっている歩行者信号が設置されていた。 右が赤、左が青。なんだか、赤が上に無いのは不自然な感じがする。

[写真:これはもしかして…] [写真:横向きの歩行者信号]

駅前スーパーでちゃっかり“太鼓の達人3”もプレイする。 いったいこれで旅行中で太鼓叩くの何度めなんだろう?

太鼓の達人3

ゲームセンターなどにある太鼓のゲーム。 詳しくは太鼓の達人3公式サイトをご覧下さい。

出雲市行きの列車に乗車するため、駅に戻る。予定より2本も早い列車である。 赤い夕焼けの方角から、その色に負けないような赤い気動車が入線してきた。

[写真:赤い夕焼けを背にした赤い気動車]

ムーンライト八重垣乗車

山陰本線普通 松江→出雲市

会社の休みを使って旅をしているので、会社の人達へのおみやげを購入する。どじょうパイ、明らかに“浜松のうなぎパイ”にそっくりなんですが…

改札を通り、ムーンライト八重垣を待つ。 それなりに乗車する人はいるようだ。中には、先ほど木次線に乗っていた旅人さんもいた。

[写真:ムーンライト八重垣機関車] [写真:自由席に乗り込む人々] [写真:ムーンライト八重垣後部] [写真:乗車した時のムーンライト八重垣の状態]

宍道を過ぎ、検札が始まり、きっぷに新しい日付のハンコをもらった後の意識は岡山まで無くなってしまう…

<< 前:亀嵩から松江へ| 次:岡山駅は眠らない!>>
トップページ旅行記木次線とムーンライト八重垣乗車記> 6.松江から出雲市へ