トップページ旅行記北宇智、田原本への旅> 7.但馬

7.但馬

旅行日:2002年11月30日

一国の名前をつけたローカル駅

“但馬”といえば、現在の兵庫県北中部の旧国名である。その地名と同じ駅名にひかれ、今回下車することにした。

大胆に(偶然だと思うが)旧国の名前を使用している割には、駅は小さく、民家と見間違ってしまう。 妙な水色加減が、さらに駅という雰囲気を感じさせない。

[写真:但馬駅ホーム] [写真:駅舎] [写真:反対側からホームと駅舎を眺める]

駐輪場は半分くらいが空きになっていた。辺りも民家がパラパラとしている感じである。

[写真:但馬の駅前駐輪場] [写真:駅前の田園風景]

その後、田原本へ戻り、京都方面へ向かうことにした。

<< 前:田原本、西田原本| 次:クリスマスムードの京都へ>>
トップページ旅行記北宇智、田原本への旅> 7.但馬