トップページ旅行記可部線三段峡への旅> 1.旅のはじめ

1.旅のはじめ

旅行日 : 2003年5月3日

姫新線を通るように

ゴールデンウィークの3連休、特にフリーきっぷなども無いので中距離旅行をしようと思い、一ヶ月前に計画した旅。 駅レポート「姫新線区間全駅風」の取材と、どこかまだ行ったことないところへ行くことが今回の目的。

そこで、姫新線の姫路から津山の区間を通り、岡山から広島へ出て、11月に廃止になるという可部線三段峡へ行くことにした。 あらかじめ購入しておいた普通乗車券は、ごちゃごちゃと経由が書かれたものとなった。

[写真:今回購入した乗車券]

京橋の自動改札を通り、環状線、姫路行き新快速と乗り継ぐ。 新快速の中で朝食を済まし、しばしの睡眠。 まもなく姫路に到着した。

[写真:京橋駅改札] [写真:新快速] [写真:姫路駅名標]

次に乗車する姫新線普通列車は、非常に本数の少ない佐用行き。 ほとんどが余部、本竜野、播磨新宮行きなどの途中止まりである。

宮本武蔵ブームもあってか、ゴールデンウイークの影響なのか、乗降客がかなり多い。 一両に2箇所しかない扉は、人であふれた。

[写真:姫新線佐用行き]
<< 前:旅行記もくじ| 次:姫新線取材へ>>
トップページ旅行記可部線三段峡への旅