トップページ旅行記ゆいレール乗車と那覇観光> 番外編:沖縄ゲーセン訪問記2

番外編:沖縄ゲーセン訪問記2

旅行日:2003年12月14日

安すぎるゲームセンター

お次は、儀保駅のゲームセンター。 駅レポートも、残すところ“首里駅”のみという時点である。

あらかじめ調べておいた情報では、儀保駅付近にゲームセンターがあるということなので、探してみた。 駅の目の前だった。

その店の外観は、かなり小さく、DDRがあるとは考え難かった。 しかし、よくみると、入り口にはDDRのポスターが!

[写真:儀保駅前ジョイボックス] [写真:ジョイボックスのDDRポスター]

そして、中に入ってみると、少しほこりっぽい小さな部屋に、大型筐体がびっしり。 しかも、50円である。 梅田のRound1でやれば、間違いなく200円のゲームである。

[写真:50円の筐体]

そして、その横に目を向けるとDDRが…最新バージョン!これは嬉しい。 扇風機までセットされていて、踊る環境完璧という状態です。

[写真:ジョイボックスのDDR]

よく見ると、そのDDRも50円だった…こんな安くていいのか…嬉しすぎる! そんなわけで、この後に首里駅の取材と、首里城の見学という予定が残っているのに、めちゃくちゃ遊んじゃいました。

[写真:DDRの50円の表示]

世界の玄関に「太鼓の達人」

特に紹介するほどの記録が出ませんでしたので、設置情報だけ。 那覇空港のゲームコーナーにも「太鼓の達人」がありました。

<< 前:沖縄ゲーセン訪問記1
トップページ旅行記ゆいレール乗車と那覇観光> 番外編:沖縄ゲーセン訪問記2