トップページ旅行記肥薩線と在来線つばめの旅> 2.肥薩線へ向かう

2.肥薩線へ向かう

旅行日:2004年1月10日

マラソンへ向かう人々

新八代を過ぎ、右側の窓に東シナ海が迫ってきた。 非常にきれいな海の眺めをのんびりと味わう。

[写真:つばめから眺める東シナ海1] [写真:つばめから眺める東シナ海2]

ふと、車内に目を向ける。 すでに熊本を過ぎたというのに、なぜか指定席は満席状態のままである。

すると隣に座る男性の方曰く、「この電車乗っている人は、ほとんど指宿なのはなマラソンに行く人ばっかり」とのこと。 だから、下車する人が少なかったようである。

そのマラソンの男性と連れのお二人、ビール飲んでて、一人旅の僕とはちょっと違ったテンションだったけど、ま、楽しいからいっか。

[写真:マラソン参加する男性三人組]

陽気なランナー達に一言を応援の言葉を贈り、西鹿児島で別方向の列車に乗換えた。

[写真:西鹿児島の駅名標] [写真:日豊本線の普通]

ちょっと気になる駅

特急つばめ乗車しているとき、少し気になったのが“田原坂駅”。 何となく、いい雰囲気じゃないのかなー、と思ったので、次回訪問してみようかと考えています。

その「次回」っていつになるかはわかりませんけどね。

独特な普通電車

西鹿児島からは、黒い外観の普通電車に乗る。 この車両には一度乗ったことがあるけど、木に黒いビニール(皮かな?)のカバーがされた座席は、やはり斬新な雰囲気に思える。

さらに、この電車は入り口付近に、円形のポールに並んでいるつり革がある。かなり独特な配置です。

日豊本線 西鹿児島13:55 → 隼人14:30
[写真:日豊本線の普通電車] [写真:普通電車の車内] [写真:日豊本線普通の座席] [写真:円形ポールに配置されたつり革]

西鹿児島を出発し、次の鹿児島を過ぎたあたりから、右側の窓には桜島が見えてきた。

[写真:電車から見る桜島]

西鹿児島を出て数十分、隼人駅に到着。

[写真:日豊本線隼人駅の駅名標]
<< 前:在来線つばめ乗車| 次:嘉例川駅到着>>
トップページ旅行記肥薩線と在来線つばめの旅> 2.肥薩線へ向かう