トップページ旅行記肥薩線と在来線つばめの旅> 6.大畑駅到着

6.大畑駅到着

旅行日:2004年1月11日

夜が明け、大畑駅へ

人吉駅で、ちょっと計画がピンチに。 7時23分発の列車に乗る予定だったのに、ホテルの朝食は7時から。 あわてて7時調度に朝食を取り、押し込むように飲み食いして、ギリギリ走って吉松行きに飛び込む。

肥薩線 人吉7:23 → 大畑7:38

あわてて乗ったものの、何とか列車に間に合った。 昨晩は暗くて何も見えなかった車窓も、朝になったので、緑で覆われた山の中であったことがわかる。

人吉を出て10分ほどで、大畑駅に到着。

大畑駅は、“スイッチバック”と“ループ線”を日本で唯一組み合わせている場所ということで、一部の鉄道ファンにはよく知られている駅です。

[写真:大畑の駅名標] [写真:大畑に到着した車両]

スイッチバックして、山を登っていく車両を見送り、駅舎に入ることにしました。 この駅の駅舎も、木造の古い建物です。

[写真:山を登っていく車両] [写真:ホーム側から見た駅舎]

旅人の軌跡

駅舎の入り口に、駅名が書かれているところに、正月飾りがしてありました。 木造の建物に、ぴったりです。

[写真:大畑駅外観] [写真:大畑駅入り口]

駅舎の内部も、古い木造の建物らしい雰囲気です。 窓口だったところの棚には、ノートがあります。 僕もさっそく記念に挨拶を書いておきました。

[写真:駅舎内部] [写真:駅ノート]

壁には、訪問客が足跡を残すため、自分のきっぷや定期券、名刺などを壁に貼っています。 残念ながら、僕は不要になっているきっぷの無ければ、名刺も持っていませんでした。

[写真:壁に貼られたきっぷや名刺] [写真:本当にたくさんのきっぷや名刺]
<< 前:吉松駅| 次:大畑駅周辺散策>>
トップページ旅行記肥薩線と在来線つばめの旅> 6.大畑駅到着