トップページ旅行記武田尾と日本へそ公園訪問の旅> 1.武田尾駅到着

1.武田尾駅到着

旅行日:2004年2月14日

トンネルの中で降りる駅

京橋駅。 「イコカ」を自動改札で読み取らせ、JR東西線ホームに停車した西明石行きの普通電車に乗車する。

[写真:京橋の駅名標] [写真:宝塚行き快速]

尼崎で新三田行きの普通電車に乗り換える。 宝塚、生瀬、西宮名塩と駅が続き、そしてその次が今回の目的地である武田尾。 尼崎を出てから、数十分しか過ぎていない。

西宮名塩駅を出た通勤型の電車は、トンネルを走り、出口が見え始めた頃には減速。 電車は前の5両目くらいまでを、次のトンネルに埋めた位置で停車。武田尾駅に到着である。 オーバーランをしたわけではなく、プラットホームの半分以上がトンネルの中なのである。

[写真:武田尾の駅名標] [写真:武田尾に停車中の新三田行き普通電車] [写真:武田尾駅のホーム全景(中間)]

トンネルを出るか出ないか微妙な位置に、待合室がある。 トンネルを出ると、大して長くない雨避けの屋根が続く。雨避けだけは、やはり都市近郊っぽい造りである。

[写真:待合室] [写真:武田尾駅ホーム全景(尼崎寄りから)]

近代的な無人駅

ホームから階段を降りると、簡易自動改札、簡易カードリーダ、券売機などが並ぶ。 簡易自動改札で「イコカ」をタッチする。

改札の横には時刻表があり、昼間は15分毎に高槻行きの普通電車があることがわかる。

[写真:武田尾駅の改札口] [写真:時刻表]

駅改札は高架下になっているので駅舎はないが、ホームとの階段は木で出来た壁の建物になっている。

[写真:ホームとの階段]
<< 前:旅行記もくじ| 次:武田尾駅の周辺>>
トップページ旅行記武田尾と日本へそ公園訪問の旅> 1.武田尾駅到着