トップページ旅行記武田尾と日本へそ公園訪問の旅> 3.日本へそ公園駅到着

3.日本へそ公園駅到着

旅行日:2004年2月14日

日本の中心となる駅

武田尾から、三田、篠山口で乗り継ぎ、谷川へ。 谷川からは、加古川線の西脇市行きワンマンディーゼル車に乗車する。

谷川から20分、「日本へそ公園駅」に到着した。

[写真:日本へそ公園の駅名標]

単線の無人駅で、駅舎はなく、ホームには待合所があるだけでのシンプルな構造となっている。

[写真:日本へそ公園駅のホーム] [写真:ホーム上の待合所]

待合所の壁を、外側から見ると、日本地図が描かれていることがわかる。

[写真:外側からホームを見る] [写真:壁に描かれた日本地図]

駅の前には、壁画と美術館らしい建物がある。 人通りの少ない無人駅の前にしては、随分立派な建物である。

[写真:駅前の壁画] [写真:美術館らしい建物]

そういえば、この駅へ来るときに妙な違和感を覚えたのだが、よく見てみると線路の上に架線がある。 どうやら、加古川線は近々電化するようである。 日本へそ公園の駅前にも、電化促進運動の看板が立っていた。

[写真:加古川線の架線] [写真:電化促進運動の看板]
<< 前:武田尾駅の周辺| 次:日本のへそ訪問>>
トップページ旅行記武田尾と日本へそ公園訪問の旅> 3.日本へそ公園駅到着