トップページ旅行記三江線と福塩線の旅> 9.宇都井駅にて

9.宇都井駅にて

旅行日:2004年4月3日

100段以上ある階段

折り返しの列車に乗るため、宇都井駅に戻る。

ふと気づくと、入り口の横にトイレがあることに気づく。 入り口の階段は、鳥が入るのを防ぐため、網がかかっている。

[写真:宇都井駅の入り口] [写真:宇都井駅の階段] [写真:階段の鳥除け網]

階段は10段ごとに踊り場があり、「1」「2」…と数字がかかれている。 「1」と「9」は漢数字もいっしょに添えられている。「九」はちょっと不気味である。 「11」は漢数字だけである。

[写真:10段目の踊り場] [写真:20段目の踊り場] [写真:90段目の踊り場] [写真:110段目の踊り場]

合計116段の階段である。 よく考えてみたら、これでトイレに行きたくなったら再び116段の階段を下りないといけないから、大変である。

116段のぼったところが待合室である。 待合室には、うちわが何本かあり、その横を見るとノートと雑誌が置かれている。 せっかくなのでノートに来訪記念の言葉を書いておいた。

[写真:設置されているうちわ] [写真:駅ノートと雑誌]

ホームに出て列車が来るのを待つ。 待合室の上に設置されているスピーカは、音が出るのかと思っていたが、何の音も立たないまま、江津行き車両が入ってきた。

[写真:なぞのスピーカ]
<< 前:宇都井駅下車| 次:潮駅で桜観賞>>
トップページ旅行記三江線と福塩線の旅> 9.宇都井駅にて