トップページ旅行記板谷峠訪問の旅> 8.峠の茶屋で一休み

8. 峠の茶屋で一休み

旅行日:2004年7月18日

一文字で「峠」という駅にて

板谷駅から一駅、峠駅に到着。

[写真:峠駅の駅名標と待合室] [写真:スノーシェードに覆われた峠駅のホーム]

峠駅は、ホームでの「力餅の立ち売り」で有名だが、その力餅は、駅のすぐ前にある茶屋で頂くこともできる。 次の列車まで時間はそこそこにあったので、茶屋でゆっくり力餅を頂くことにした。

大きく「ふるさとの味 峠の力餅」と書かれている。 和風の庭の中を通ると、椅子とテーブルが並んでいるところにでる。 店内には、峠駅や茶屋のイラストや写真が飾られている。

[写真:峠の茶屋] [写真:茶屋の敷地内] [写真:写真やイラストの額]

力餅とお茶を注文した(お茶はメニューではありません。お餅を注文したらサービスで出てきます)本当においしい。何個でも食べられそう。

他に2、3組の観光客が居て、店主さんも交えて、会話が弾んでいった。

[写真:茶屋で頂いた力餅]

お土産に8個入りをさらに買って帰る。 駅の立ち売りされているものと同じものだ。

[写真:お土産に買った力餅]

折り返し、赤岩駅を目指す

次は折り返して赤岩駅を目指す。 福島行きの電車を待っていたら、米沢行きの山形新幹線つばさが再び通過していった。 新幹線の方が普通電車よりはるかに多い。

[写真:峠駅を通過するつばさ号]

その後やってきた秘湯めぐり号に乗車し、赤岩駅を目指す。

臨時秘湯めぐり号 峠 11:46 → 赤岩 11:59

そして、降り立った赤岩駅は駅しかない。 本当、周囲には何もないです。 2時間も、誰も人の通らないところで寂しくすごす。

[写真:赤岩駅名標]

ご案内

当サイト駅レポートの、板谷峠越え区間全駅風峠駅赤岩駅も紹介しています。 この旅行記より、詳細に駅のことを記事にしています。

<< 前:板谷駅周辺散策| 次:米沢で駅弁購入>>
トップページ旅行記板谷峠訪問の旅> 8.峠の茶屋で一休み