トップページ旅行記新幹線つばめと肥薩線の旅> 3.九州新幹線つばめ初乗車

3.九州新幹線つばめ初乗車

旅行日:2005年1月3日

新しい新幹線

白い外観が特徴的な新幹線つばめ。さっそく前方と横から眺める。

[写真:つばめ前方部] [写真:つばめ外壁部]
つばめ31号 新八代 7:46 → 鹿児島中央 8:33

車内は、非常に明るく開放的な感じがする。木目がよく目立つデザインの座席が特徴的だ。 三列になっている座席はないようで、非常に広々としている。

[写真:つばめ車内] [写真:つばめ座席]

変化した鹿児島中央駅

鹿児島中央駅に到着。

以前来た際は、まだ新幹線開通前で「西鹿児島」という駅名だった。 新幹線開通前は、当然新幹線のホームは入れなかったので、以前からある駅なのに、何だか新しい駅に来たような気分だ。

[写真:鹿児島中央駅名標] [写真:鹿児島中央新幹線ホーム]

熊本駅で、リレーつばめが「鹿児島中央行き」となっていたので、予想はしていたけど、こちらの発車案内も、「つばめ 博多行き」となっている。

[写真:発車案内]

駅コンコースは、“いかにも新幹線の駅”といった感じで、売店やお土産屋、大きめの待合室に修学旅行などの団体が入ることもできそうな広いコンコースである。

コンコースにある、レンタサイクルのアピールとして置かれている自転車が印象的だ。

[写真:駅コンコース] [写真:駅構内に展示された自転車]

在来線乗り換え改札、出口両方が自動改札である。

[写真:改札口] [写真:鹿児島中央の自動改札]

以前に「西鹿児島駅(現在の鹿児島中央駅)」を訪問したときの旅行記は、 旅行記「肥薩線と在来線つばめ」の 「2.肥薩線へ向かう」をご覧下さい。

<< 前:リレーつばめ乗車| 次:日豊本線で隼人へ>>
トップページ旅行記新幹線つばめと肥薩線の旅> 3.九州新幹線つばめ初乗車