トップページ旅行記雨の舞子公園へ

雨の舞子公園へ

旅行日:2005年7月9日

エイトさんと待ち合わせして、阪神尼崎駅へ。そこから直通特急に乗車。 直通特急は阪神車で、一部が転換クロスシートになっている。 それほどの混雑ではなく、西ノ宮からは座ることができた。

[写真:阪神尼崎駅名標] [写真:発車案内] [写真:姫路行き直通特急]

須磨海岸が見えてくる頃、雨が降り出してきた。 そういえば、結構久しぶりに海を見たような気がする。

[写真:須磨海岸]

舞子公園にで直通特急を下車。雨は話声が聞こえなくなるくらい強くなってきた。

舞子公園駅は、土休日のみ直通特急が停車するが、駅員は不在で、下車客も私たち以外には2名だけだった。 駅構内は、ガラスの敷居と黄緑の柱が目立つきれいな建物だが、下車客が少ないので静か。

[写真:舞子公園駅名標] [写真:舞子公園駅構内]

対照的に隣接している駅前スーパー、JR舞子駅は人が多く、郊外の駅であることがわかる。 山陽電鉄の利用者が少ないのか、駅の立地条件が悪すぎるのか…

雨が弱くなってきたので、橋のふもとまで歩く。 雲が厚いためか、橋脚の一番高い部分が白くなって見えない状態。

[写真:明石海峡大橋] [写真:明石海峡大橋真下] [写真:舞子公園沿岸]

続いて、舞子高速バスターミナルへ。エレベータで3階まであがる。 透明な板でさえぎられているが、その板の向こうを見ると、駅や道路がはるか下にある。 雨は防げるか、風は吹いてくるため、何だか空気が湿っぽい。

[写真:舞子高速バスターミナル3階] [写真:3階からの眺め] [写真:徳島方面行きバス停]

高速バスターミナルの下りエスカレータ、京阪京橋駅のロングエスカレータにも負けないくらい長い。 しかも、手すり以外に障害物がないから、風も直撃。 かなり怖い。前を行く人はエスカレータ歩いているのだが、さすがに怖すぎて歩くことも出来ず…

[写真:]

帰りはJRで。 JRの発車案内の、快速停車駅や案内が表示される箇所には、最初「橋」が表示されるという、ちょっと他の駅では見られない珍しいもの。

[写真:JR発車案内]
トップページ旅行記雨の舞子公園へ