トップページ旅行記只見線乗車の旅> 10.北陸本線完乗

10.北陸本線完乗

旅行日 2005年8月18日

再び北陸本線乗車、そこで気づく。

犀潟で、信越本線の普通に乗り換える。 ほくほく線の電車も直江津まで行くのだが、信越本線の電車が先に出発するからだ。

信越本線 犀潟 13:12 → 直江津 13:21
[写真:犀潟駅名標] [写真:ほくほく線と信越本線]

直江津駅で駅弁を買って、電車を待つ。 反対方向のホームに、アナウンスが流れる。 「越後湯沢行きの臨時特急はくたかにご乗車の方は、『能登号乗車位置』にお並び下さい」。 なんで能登号の待ち位置なのかと思ったら、やってきたのはボンネット型の懐かしい感じがする車両だった。

[写真:ボンネット型の特急はくたか]

金沢行きの特急はくたかも停車。 これに乗車して、駅弁をのんびり食べながら金沢まで出る。 購入した駅弁は、「謙信弁当」という幕の内。

特急はくたか10号 直江津 13:40 → 金沢 15:24
[写真:特急はくたか10号] [写真:謙信弁当] [写真:謙信弁当の中身]

特急はくたかを金沢で下車し、次の普通電車を芦原温泉まで乗車。

北陸本線 金沢 15:36 → 芦原温泉 16:41
[写真:芦原温泉駅名標]

芦原温泉で、長浜行き普通電車。 過去、米原から余呉へ乗ったことがあるが、余呉~近江塩津が未乗車区間だったので、これで北陸本線は全線乗車したことになる。

北陸本線 芦原温泉 17:13 → 長浜 19:35
[写真:長浜駅名標]

さらに長浜からは新快速で京都へ。 只見から10時間、ようやく京都に到着だった。

JR琵琶湖線新快速 長浜 19:40 → 京都 20:45
[写真:京都駅名標] [写真:京都に停車した新快速]
<< 前:ほくほく線に乗車
トップページ旅行記只見線乗車の旅> 10.北陸本線完乗