トップページ旅行記北海道ちほく高原鉄道の旅> 3.銀河線置戸駅へ向かう

3.銀河線置戸駅へ向かう

旅行日 2006年1月21日

防風林が目立つ景色

北見駅を出てまもなく、建物が目に入る数は減っていき、かわりに防風林と思われる林がときおり見ることができる。 途中、北見行きの列車とすれ違う場面もあった。

[写真:北見行きとすれ違う] [写真:防風林]

かなり新しく立派な置戸駅

置戸駅に到着した列車を降り、構内踏切を渡って駅舎に入る。

[写真:置戸駅名標] [写真:置戸駅に到着した列車]

置戸駅の駅舎は、かなり立派な建物。しかも、どうみてもここ数年で立て替えられたと思われる。 本当に数ヵ月後には廃止される路線の駅なのかと、疑ってしまう。

[写真:置戸駅の駅舎] [写真:駅舎の中]

駅前には、スーパー、コンビニ、家電屋などが数軒。町の中心らしい雰囲気である。

[写真:駅前の風景]

タクシーを電話で呼んで、川上駅へ向かう。 その途中の小利別駅へ寄ってもらうようにお願いした。

小利別駅

置戸駅から20分くらい、小利別駅に到着。 単線の無人駅だが、かわいらしい駅舎が特徴的。

[写真:小利別駅名標] [写真:駅舎とホーム]

駅舎の中もきれい。この駅舎もどうやら最近工事されたような感じである。 ベンチには駅ノートも置かれていた。

[写真:駅舎の中]

待ってもらっていたタクシーに再び乗り、川上駅へ向かって車を出してもらった。

<< 前:ふるさと銀河線乗車| 次:銀河線川上駅へ>>
トップページ旅行記北海道ちほく高原鉄道の旅> 3.銀河線置戸駅へ向かう